季節家電を大事に使おう

最も汚れやすい部分とは

扇風機は、羽根が汚れやすいと言われています。
ホコリが付いていると扇風機を起動させた時に、一緒にホコリも舞います。
室内にホコリが蔓延するので、空気が汚くなるでしょう。
喘息などを引き起こすこともあるので、注意しなければいけません。
そんな事態を回避するために、定期的に掃除してください。
ホコリを確実にキャッチできるよう、ハンディモップを使いましょう。

ハンディモップなら。扇風機のスキマに入り込んで掃除できます。
定期的に掃除していれば、扇風機を使ってもホコリが舞うことはありません。
余裕があれば、分解して掃除するのも良い方法です。
すると、さらに細かい部分のホコリまで取れるでしょう。
綺麗な扇風機を使って、暑い夏を乗り切ってください。

分解する際の注意点

ほとんどの扇風機は、分解できます。
分解した方が、掃除しやすくなるでしょう。
時々は分解して、隅々までハンディモップでホコリを取ってください。
しかし分解して、元に戻せなくなったら大変です。
慎重に部品を外して、絶対に失くさないでください。
扇風機には、細かい部品も使われています。

それを失くすと、もう元の姿に戻せなくなってしまいます。
目立つところにおいておきましょう。
掃除したら、すぐに組み立てるのが良い方法です。
掃除に時間が掛かると、組み立てるのは後にしようと思う人が見られます。
ですが後回しにすると組み立て方がわからなくなるので、必ずその場で元通りにしてください。
わからない場合は、説明書を見ながら組み立てましょう。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ